行政・教育・研究職での看護師の仕事

行政・教育・研究職での看護師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の資格を取ると患者さんと向き合う以外にも、行政、教育、研究職などで働くという選択肢もあります。看護師といえば、患者さんと接するというイメージしかありませんよね。しかし、保険の需要は色々なところでありますから、働ける場所も数多く存在しています。

 

 

市町村の保健センター

 

地域の保健所などで、健康をサポートする業務を行います。市町村役場には、健康相談の窓口が用意されていて、そこで健康に関するサポートやアドバイスをするわけですね。公務員として働くわけなので、安定した生活をすることが出来ますし夜勤もありません。

 

なので、自分の時間を大切にしたい人には、おススメの職場だと言えるでしょう。ただ、保健師の資格が無いと採用されない場合もあるので、事前に確認をすることが重要です。

 

 

養成所の教員

 

看護師としてのキャリアを十分に積んでいれば、次は新たな看護師を育成するために教師として活躍することもできます。5年に状の臨床経験があれば、看護教員の資格を取ることが出来るんです。教育に関心がある人は、検討してみると良いでしょう。

 

実際に資格を取得するためには、厚生労働省の認定した機関で1年間の研修、地方での6か月の研修を受けることで教員資格として認定されます。

 

今後のキャリアアップの目標として、考えておいても良いでしょう。

 

 

大学の研究室

 

学問として看護を研究するために、研究室で働くという道もあります。最近だと、看護関係の大学が増えているので、そこで教員として看護学を教えるという職業です。看護という道をもっと突き詰めたいのであれば、選択してみても良いでしょう。

 

主な業務内容としては、看護学の講義演習や実習と学生の卒論、大学院生の論文指導のためのゼミなどがあります。看護学の講義に関しては、日々発達する医学に遅れないように常に新しい情報を取り入れないといけません。

 

そのために、病院や訪問看護ステーション、保健所などを見学して、生の現場を見ることで講義資料を作ったりする努力が必要です。

 

 

また、研究費の獲得も重要な課題です。これは、大学における評価につながる部分ですから、しっかりとやらないといけません。具体的には、学会での論文発表や学会誌に掲載されることですね。これが、研究費の獲得に繋がります。

 

 

他にも、入試委員会の会議に出席したりする必要もあります。これは、来年の受験生を増やすための対策や質の高い学生を集めるための施策を考える場所です。そのために、オープンキャンパスや高校を訪問して模擬講義をしたりと、多くの学生に大学を知ってもらう取り組みをする必要があります。

 

教育の道は、キャリアアップの道として考える人が多いですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース