企業・学校での看護師の仕事や給料

企業・学校での看護師の仕事や給料

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師といえば、病院や診療所で働くのが一般的ですが、実は企業や学校などでもニーズがあります。具体的に何をするのかというと、病気の予防であったり軽い怪我の処置などの業務をすることになります。

 

色々な場所で看護師が必要とされていますので、職場の選択の幅は意外と広いんです。病院勤務であれば、夜勤や休日出勤があるのでハードな仕事内容となります。しかし、企業や学校なら日勤のみで休みも確保できるので、時間に余裕を持つことが可能です。

 

なので、自分の能力を生かせるように、最適な職場を選ぶようにしてください。

 

 

企業での看護師の仕事や給料

 

企業においては、安全衛生の管理が義務付けられていることもあって、医務室を設けているところも増えてきました。ですので、こういった場所で働く看護師の方もいます。その会社の正社員として働く場合もありますし、健康保険組合から派遣される場合もあります。こういった看護師は、産業看護師と呼ばれていますね。

 

必要なスキルとしては、病院よりもビジネスマナーや事務処理能力などが求められます。他にも、外資系企業などでは、語学力が求められるケースもあります。ですから、基礎的な看護の知識に加えて、付加的な知識も必要なので勉強を怠らないようにしましょう。

 

 

具体的な仕事内容は、定期的に健康診断を実施したり社員の健康を守る役割を果たします。ですから、社員の方とマメにコミュニケーションを取って、体調の異変などに気付けるように工夫が必要です。

 

また、社員の方は仕事が忙しいので、健康診断などを拒否する場合が多いです。そこを何とか説得して受けさせるのも、看護師の仕事の一つですね。

 

さらに、最近では、うつ病にかかってしまう人も増えてきているので、メンタルケアの重要性も高まってきています。そのためにも、密にコミュニケーションを取ることが大切になってきますね。

 

 

他にメリットとしては、夜間の業務が無いということがあります。基本的に企業の定時で業務は終わりですし、土日祝の休みも確保されています。ですから、病棟勤務のナースよりも体力的には楽だと言えるでしょう。

 

ただ、夜勤や休日出勤が無いとなると、収入面では一般的な看護師よりも低くなる可能性が高いです。しかし、拘束時間が少ないですから、これをデメリットと思わない人も多いですね。自分のライフスタイルを優先するのであれば、一般企業での仕事は悪くないと思います。

 

他にも、不況の影響を受けやすいというデメリットがありますね。普通の企業ですから、景気が悪くなると経費削減でボーナスのカットやリストラがあるかもしれません。雇用の安定という面では、病院よりも少し不利だといえます。

 

 

学校での看護師の仕事や給料

 

学生時代、体調を崩した時に保健室を利用したことがある人は多いでしょう。その保健室の先生は、看護師から転職した人かもしれません。実は、看護師のキャリアを生かせる転職先として、学校での保健室の先生を目指す人もいます。

 

病院の最前線だと、常に命の危険がある患者さんと接することになります。なので、緊張感があってピリピリした現場なんですね。そういったプレッシャーから解放されるために、のんびりと仕事ができる保健室の先生が人気なわけです。

 

また、日勤のみで土日も休みですから、自分のライフスタイルを充実させることもできます。非常勤の求人もあるので、パートやアルバイトとして働く人も多いですね。保健室の先生として本格的に収入を得るなら、「養護教諭」の資格を取得する必要があります。

 

 

養護教諭の資格を取得するには

 

看護師から養護教諭の資格を取るには、いくつかの方法があります。その中から、自分に合った方法を選択するのが良いでしょう。

 

まず、最短ルートとしては、文部科学大臣指定の「教員養成機関」を卒業するということです。決められた単位を取得すれば、「養護教諭一種免許状」を取得することができます。最短1年で取得できるので、おススメの方法ですね。

 

ただし、指定校は全国で6の大学と1の専修学校しかなく、数が少ないために遠距離通学になることが多いです。また、募集定員も50名ほどなので、狭き門となっています。

 

 

次に、保健師の資格を取得する方法もあります。「養護教諭二種免許」の基礎資格として保健師がありますから、短大や専門学校、高等看護学院などで取得しましょう。そして、大学に半年以上在籍して指定科目を履修すれば、「養護教諭二種免許」を取得可能です。

 

他にも、短大へ進学して2年間勉強するという方法もありますね。「養護教諭二種免許」を取得できる短大は18校ありますから、そこで必要な科目を履修しましょう。通信教育もありますから、仕事をしながら勉強することもできます。

 

 

そして、養護教諭の資格を取得しても、教員採用試験に合格しなければいけません。各都道府県や私立学校の教員採用試験を受験しましょう。倍率は8〜10倍と言われていて、簡単なものではないです。なので、1発合格は難しいことを覚えておいてください。

 

 

給料に関しては、公立学校なら地方公務員法に従った額が支給されます。私立学校なら、その学校の規則に応じた給与額となります。入職して数年は、年収300万円前後になることが多いようです。

 

ただ、キャリアを重ねていくことで700万円程度に上がるようなので、高い意識を持って頑張るようにしましょう。病棟勤務よりも時間の制約が少ないですから、体力的にも楽に仕事をすることができるはずです。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース