旅行添乗看護師(ツアーナース)の仕事内容とは?

旅行添乗看護師(ツアーナース)の仕事内容とは?

このエントリーをはてなブックマークに追加  

看護師の職場といえば、病院や診療所、看護施設などが一般的ですよね。しかし、珍しい働き方として、旅行添乗看護師という仕事もあります。これは、修学旅行やツアーなどに同行して、参加者の健康管理を行う看護師の仕事ですね。

 

ツアーナースやアテンドナースなどと呼ばれることもあります。いつも同じ病院で勤務するのと違って、外へ出て知らない場所へ行くことができるので、アウトドア派の人にはおススメできる仕事だといえます。

 

旅行が好きな人は、検討してみると良いでしょう。

 

旅行添乗看護師に求められるスキル

 

添乗看護師として働くためには、もちろん看護師免許や准看護師免許が必要となります。また、派遣先の団体によっては、年齢制限や看護経験などの条件があるかもしれません。病院と違って十分な設備がありませんから、その場の機転や応用力が求められることがありますね。なので、熟練した看護経験があったほうが良いと思います。

 

また、看護業務の無い時にはツアーのサポートを行うので、接客業としてのサービス精神やコミュニケーション能力も求められます。一見すると楽しそうに見えますが、幅広い対応力が必要となる仕事ですね。

 

■メリット
色々な場所へ旅行へ行くことができる
人間関係のストレスが少ない

 

■デメリット
旅行シーズンしか需要がない
求人募集が少ない

 

 

ただ、基本的に派遣会社に属することになるので、労働者派遣法改正法の基準を満たす必要があります。

 

  • 60歳以上である。
  • (学校教育法の)学校の学生・生徒である
  • 本業の年間収入の額が500万円以上であり、副業として派遣就業を希望する
  • 主たる生計者ではなく、かつ、世帯の年間収入の額が500万円以上である。

派遣法改正のお知らせ

 

上記のいずれかの条件を満たしていないと、添乗看護師として働くことはできません。

 

 

旅行添乗看護師の給料体系

 

給料体系は派遣会社の基準によりますが、日給で10,000〜12,000円ほどもらえるようです。ただし、夜勤や休日出勤の手当てがありませんので、病院勤務の看護師よりは少なくなる傾向にありますね。また、正職員ではありませんから、昇給やボーナスなども期待できません。

 

さらに、旅行シーズン以外は仕事が減るので、安定した収入を確保するのは難しいでしょう。なので、実際には他の仕事と兼業で、添乗看護師をしている人が多いようです。

 

 

添乗看護師の仕事内容

 

ツアーなどに同行する添乗看護師は、一般的に以下のような仕事を行います。

 

出発前

 

まずは、旅の工程を確認し、他のスタッフとの打ち合わせをします。添乗中の注意事項や不明点などを確認します。

 

 

行程中

 

病人や怪我人が出れば、速やかに対処を行います。ただ、何もない事の方が多いでしょうから、ツアーガイドのサポートをメインに行うようです。ツアー客の誘導やコミュニケーションを大切にしましょう。

 

 

終了後

 

旅が終わったら、業務報告や反省会などを行います。何も問題が無ければ、仕事が完了となりますね。

 

 

 

以上、旅行添乗看護師の仕事内容を紹介しました。かなり珍しい仕事なので、志望者は多いようです。人と違う仕事がしたいと思っているなら、やってみる価値はあると思います。ハマる人には、天職だと思えるほど楽しいようですね。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース