自衛隊看護師の仕事内容や給料について

自衛隊看護師の仕事内容や給料について

このエントリーをはてなブックマークに追加  

自衛隊の隊員として、看護師が活躍することもできます。自衛隊看護師と呼ばれていますが、災害時に被災地などで看護にあたる重要な役割があります。東日本大震災を機に、自衛隊看護師を目指す人が急増したようですね。

 

被災した人に対して、直接的に支援をすることができるので、やりがいのある仕事だといえます。また、国家公務員という肩書きですから、安定した職業ということもあり人気が高いです。女性でも自衛官として活躍できるので、興味のある人は就職を考えてみましょう。

 

ここでは、自衛隊看護師について解説をします。

 

自衛隊看護師の仕事内容

 

自衛隊に配属される看護師は、特別職国家公務員という扱いとなります。平常時には、全国の自衛隊病院にて勤務しています。自衛隊病院とは、自衛隊員や防衛相の職員とその家族のための医療機関です。また、一部では一般患者の診察も行うことがあります。

 

夜勤の業務があったり通常の病院と同じ業務ですが、自衛官として災害やテロ発生時に備えた訓練をしなくてはいけません。野外訓練などもあるので、かなりハードだと思っておいた方が良いでしょう。

 

ただし、自衛隊病院では救急患者や重病患者はいないですから、容体が急変して緊迫した状態になることは少ないはずです。ですから、患者さん一人一人と対話しながら看護を行うことができます。

 

そして、大きな災害が起こった時には、国内外の被災地へ赴いて看護業務を行います。危険な場所へ向かうこともあるので、相当な覚悟が必要となりますね。社会を揺るがすほどの大災害時でも、最前線に立って看護を行うので非常にやりがいがある仕事だと思います。

 

 

自衛隊看護師になるには

 

最初から自衛隊看護師を目指しているなら、防衛大学の看護科へ進学するのが一番の近道です。そこで単位を取得して看護師国家試験に合格すれば、自衛隊病院で勤務することができます。これが最短ルートとなるので、覚えておくと良いでしょう。

 

一方、通常の看護学校を卒業して看護師免許を取得しているなら、まず自衛隊に入隊しなくてはいけません。そこで、自衛官としての知識や看護スキルの習得をすれば、自衛隊看護師になることができます。

 

 

普通の病院では女性が多い職場ですが、自衛隊は男性が圧倒的に多いです。なので、女性特有の派閥やグループなどが無いのが特徴ですね。体育会系で人間関係も複雑ではないので、職場の雰囲気が悪くなることは無いようです。

 

また、自衛隊では自衛官同士の結婚が多くなっています。お互いに公務員ですから安定性が高いですし、結婚相手としては悪くないのではないでしょうか。女性にとってはメリットの多い職場なので、自衛隊看護師はおススメできます。

 

 

自衛隊看護師の給料

 

看護師としての収入は、自衛官の階級で決定されます。なので、階級が上がるごとに、給料も一緒に上がっていくというわけです。ちなみに、入隊当初の年収は、300〜350万円ほどですね。自衛隊看護師全体の平均値は、年収で500〜550万円となっています。

 

看護師の平均年収が470万円ですから、それよりも上の水準ということです。公務員ですから収入も安定していて、かなり魅力的な職場だと言えるでしょう。ただし、自衛官として有事には前線で活動する必要があり、その大変さを考えると割に合わないと感じる人もいるかもしれません。

 

 

 

以上、自衛隊看護師について解説をしました。自衛隊は、災害支援や海外活動など、責任のある仕事を任せられます。なので、使命感の強い仕事ができますし、国のために働くことができる喜びも得られます。充実した仕事ができますので、おススメできる職業だといえますね。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース