病院・診療所での看護師の仕事

病院・診療所での看護師の仕事

このエントリーをはてなブックマークに追加  

病院・診療所での看護師の仕事

 

まず最初に、上の図を見てください。

 

これは、看護師がどのような場所で働いているのかをグラフ化したものです。見ての通り、病院が大多数を占めていて、その次に診療所という結果となっていますね。看護師といえば、病院と診療所が最初に思いつきますから、ここがメインの職場となるはずです。

 

でも、将来的には、高齢社会がどんどん進んでいきますから、訪問看護センターや介護・福祉センターなどのニーズの高まってくることが予想されます。なので、今以上に看護師の職場は多様化していくでしょうね。

 

なので、どんな場所でも対応することが出来るように、今のうちにキャリアを積んでいく必要があるということです。このページでは、病院と診療所の仕事内容について紹介していきます。

 

 

そもそも、病院と診療所の違いって知っていますか?

 

病院 20人以上の患者を入院させる施設を有するもの。
診療所 19人以下の患者を入院させる施設と有するもの。

または、入院施設を持たないもの。

 

上記のように、法律により分類が決まっています。規模によって、呼び名が変わるだけであって、診療内容が異なるわけではありません。

 

 

診療所の仕事内容について

 

先ほども説明したように、診療所(クリニック)とは小規模な病院のことです。基本的には、個人の開業医が運営しています。なので、診療科目が少なかったり、入院施設が無かったりすることが多いですね。でも、だからと言って、病院よりも劣っているわけではありません。

 

診療所には、病院が担うことが出来ない大切な役割があります。それは、街のかかりつけ医として地域住民のサポートをするということです。ちょっとした風邪であったり頭痛などの場合には、住民は診療所に通うことになります。

 

 

ですから、診療所で働く看護師に求められることは、地域住民としっかりとコミュニケーションを取るということです。近隣に住んでいる方が多くやってきますから、顔や名前を憶えてコミュニケーションを図ることが求められます。

 

大きな病院だとそういったことは難しいですが、診療所は患者とのつながりを持つことで、手厚いサポートをすることが大切な仕事の一つと言えますね。

 

 

診療所で働くメリット

 

夜勤がありませんし残業も少ないために、夕方で帰ることができます。また、休診日が決まっているので、休みの日のスケジュールを立てやすいというメリットがありますね。拘束時間が少ないですから、自分のライフスタイルを大切にすることが可能です。

 

既婚者の方だと、家庭と仕事を両立させないといけません。そういった人にとっては、クリニックで働くことはおススメだといえます。

 

 

診療所で働くデメリット

 

個人経営の病院ですから、院長の裁量で方針が変わってしまうことがあります。たとえば、休診日や診療時間の変更であったり、退職金制度が無かったりといったことですね。また、職員の数も少ないので、嫌な同僚がいても頻繁に接する必要があります。

 

他にも、雑用が多いというデメリットもあります。少人数の職場ですから、電話対応や薬剤の在庫管理・発注、掃除など、通常の業務以外にもやることが多いです。人手が少ないので仕方ないですが、看護に集中したい人には向いていないかもしれません。

 

 

また、給料に関しては、総合病院や大学病院と比べると、少し低くなることが多いです。これは、看護師の収入の多くを占める「夜勤手当」が付かないからです。基本的には、日勤のみの労働となるので、基本給とボーナスのみとなることが多いでしょう。

 

 

病院の仕事内容について

 

病院は、20床以上の入院施設を有する医療機関のことです。でも、その規模に関しては様々であって、1000床を超えるような大病院までも含みます。

 

他にも、機能や設備によっても分類がされていて、高度な設備を持っている『特定機能病院』、地域の中核を担う働きを持つ『地域医療支援病院』、長期療養の患者のための病床として『療養病床』といったものまであります。

 

これだけ色々な種類があるわけですから、診療科目も多岐にわたります。また、場所によって看護師に求められる仕事内容も変わってきます。なので、しっかりと自分の専門分野を活かせる場所を見極めないといけません。

 

それでは、主な科目別に仕事内容を見ていきましょう。

 

 

外来

 

病院に色々な患者さんがやってきますけども、最初に対応するのが外来となります。急に体調が悪くなって不安に感じている人や体の傷みで話すことが出来ない人など、色々な要素を抱えています。

 

なので、どんな対応をするべきかを瞬時に見極めないといけません。待合室が混雑しないように気を回したり、医師の処置をサポートしたりと、周りの状況に気を配って適切な動きをすることが求められます。

 

また、内科、外科、整形外科、産婦人科、小児科など診療科目が複数あり、それぞれに求められる仕事も変わってきますから、注意力は常に持っておく必要があります。

 

 

病院の外来で働くメリットは、複数の科目があるので豊富な経験を積むことができることですね。3〜4年で異動があったりするので、自分に適した科目を見つけることができるかもしれません。

 

さらに、教育制度も充実していて、新人であっても手厚いサポートを受けることが可能です。他にも、病院内外の研修会や勉強会への参加も支援してくれるので、積極的に勉強したい人には最高の環境だと言えるでしょう。

 

ただ、それだけ忙しい職場環境となりますから、スキルアップに関心が無い人には苦痛に感じるかもしれません。勤務時間外でも勉強会や研修会があったりするので、拘束時間が長くなってしまいがちですね。

 

 

給与に関しては、大規模な病院ほど高収入になる傾向が強いです。しかし、外来は日勤のみの勤務ですから、夜勤手当が付きません。なので、病棟勤務の看護師よりは、少し年収は下がってしまうと思います。

 

⇒外来看護師の仕事内容や給料について

 

 

病棟

 

病棟は、24時間体制で入院患者のサポートをする部門です。チームを組んで2交代、3交代でシフトを回していきます。看護師の仕事は、日勤とか夜勤とか言われますが、それは病棟での仕事を指していることが多いです。

 

仕事内容としては、患者さんの容体確認や日常の世話、バイタルチェック(血圧、体温、脈拍、呼吸数)の記録を付けるなど色々とあります。つまり、入院している間の、日常のケア全般を行うわけです。また、患者さんの不安を解消したりといったような、心のケアも必要になってきますね。

 

病院の仕事において、最も長く患者さんと接するところですから、気を抜かずに業務にあたらないといけません。

 

 

夜勤があるので拘束時間が長くなりますが、それだけ夜勤手当も付くので高収入となります。看護師の給料が一般よりも高いのは、この夜勤手当があるからですね。

 

ただ、一般の仕事よりも高収入ですが、ハードな仕事内容を考えると安いと感じる人もいます。自分の労働と対価を比較して、割に合っているかを考えるようにしましょう。

 

 

手術室

 

看護師の中には、手術室を専門にする人もいます。仕事内容としては、手術中に医師にメスやガーゼを手渡したり、医療機器の確認などを行う事が主なものですね。直接、命に係わる事が多いですから、絶対にミスは許されない重要な仕事です。

 

また、手術前に患者さんとコミュニケーションを図って、緊張を取り除くといった心のケアをすることも必要になってきます。手術の成功を左右することもありますから、非常に重要な仕事の一つですね。

 

⇒手術室看護師の仕事や給料について

 

 

ICU(集中治療室)

 

ICUは重症の患者や手術後にも容体が急変する可能性がある患者を、24時間体制で管理するための施設です。よくドラマなどで、出てくることがありますね。ここで扱う患者さんは、予断を許さない状態なので、神経を光らせてケアをする必要があります。どんな問題が起きても即座に対応できるように、準備をしておかないといけません。

 

また、患者さんと直接会話する機会は少ないですが、その分、微妙な変化を感じ取る観察力が必要になってくる仕事だといえます。

 

 

以上のように、科目が変わると看護師の仕事は全く違うものになります。

 

自分の得意分野を見つけて、それを活かせる場所で仕事をするようにしてください。そうすれば、今後のキャリアアップのためにも役に立つと思いますよ。


このエントリーをはてなブックマークに追加  
■転職するのはちょっと待ってください!

看護師の転職活動には、転職エージェントを利用しましょう。

一般には出回っていない非公開求人を紹介してもらえるので、
自分で探すよりも圧倒的に好条件の求人を見つけることができます。

さらに、履歴書や職務経歴書の添削、面接日時の決定、面接対策など、
あなたの転職を全面的にバックアップしてくれます。

完全無料で利用できますから、使わない手はありません。


当サイトでおススメするのは、「医療ワーカー」です。
10,000人以上の転職を成功させてきた実績があり、利用満足度は97%となっています。

日本最大級のサービスですから、ぜひ使ってみてください。



⇒看護師の転職サービスの人気ランキングはコチラ

TOP 職場環境について 新人ナース