ヘルスケア道場

健康や美容について解説するサイトです。

大人ニキビの原因と6つの予防法とは?皮脂の分泌を抑えるスキンケアが大切。

      2017/11/06

SnapCrab_NoName_2016-1-15_13-36-4_No-00

ニキビとは、皮脂が毛穴に詰まって炎症を起こしている状態です。中学生や高校生などの若者が、ニキビなどの肌トラブルを抱えている印象がありますよね。しかし、最近では成人してから大量にニキビができるケースが増えています。

その原因の多くが、間違ったスキンケアやストレスなどによるものです。しっかりとケアを行うことで、ニキビを改善することはできます。特に難しいことはありませんので、日頃から生活習慣に気を付けるようにしましょう。

ここでは、大人ニキビの原因と予防法について紹介をします。

大人ニキビの原因とは?

皮脂が過剰に分泌される

皮脂の分泌量が多すぎると、それが毛穴に詰まってしまいます。通常なら皮脂が分泌されても、毛穴から排出されていきいます。しかし、毛穴の処理能力を超えてしまうと、排出しきれずに毛穴に詰まるというわけですね。

本来なら、思春期を過ぎると皮脂の分泌は少なくなるはずです。でも、ストレスや生活習慣によって、皮脂の分泌量が増えてしまうことがあります。なので、肌が脂っぽいと感じるのであれば、注意した方が良いかもしれません。

角質が厚くなる

毛穴の周辺の角質が厚くなってしまって、毛穴の入り口をふさいでしまうことがあります。すると、皮脂の分泌量が少なかったとしても、詰まりやすくなるわけですね。角質が厚くなる理由も、ストレスや生活習慣によるものだと言われています。

そして、肌の乾燥などの理由もあります。肌が乾燥してしまうと、角質層の水分が蒸発してしまいます。なので、角質層は固くなって厚みが増してしまうわけです。毛穴自体も細くなってしまうので、詰まりやすい状態となりますね。

間違ったスキンケア

化粧品や洗顔料が肌に合っていないと、毛穴の詰まりの原因となります。また、メイクの洗い残しなどがあれば、それが毛穴に残ってしまうことがあるでしょう。メイクしたまま寝てしまうのは最悪なので、普段から気を付ける必要がありますね。

他にも、前髪が鼻や頬に触れたり、手で顔を触る癖がある人は、毛穴が汚れやすくなっています。そこから菌などが入ってしまうと、炎症を起こすことがあるわけです。ですから、常に肌をキレイな状態に保つことが大切だと言えるでしょう。

紫外線

紫外線を浴びると、肌に悪影響を与えてしまいます。ニキビがある人は、さらに悪化させることがあるので注意してください。ニキビの原因菌であるアクネ菌は、紫外線を浴びると「ポルフィリン」という毒素を発生させます。これによって、ニキビがさらに増えてしまうわけです。

さらに、紫外線により肌の活性酸素がふえるので、肌細胞を酸化させてニキビの回復を遅れさせてしまいます。肌の修復機能が弱まってしまいますから、肌トラブルが多くなってしまうということですね。

ストレス

ストレスを溜めこんでしまうと、身体を緊張させて交感神経を優位にします。すると、体内で「アンドロゲン」という男性ホルモンが増えてしまいます。このアンドロゲンは、皮脂の分泌量を増やして角質を厚くしてしまうので、ニキビの原因となってしまうわけですね。

また、ストレスに対抗するためにストレスホルモンが分泌されますが、それによって男性ホルモンを刺激することもあります。ストレスは肌や髪のトラブルの元ですから、普段からストレスフリーな生活を心掛けましょう。

大人ニキビを予防するための6つのコツ

洗顔をしすぎない

ニキビができ始めると、洗顔を入念に行う人が多いと思います。肌を清潔に保つことは大切なんですが、洗い過ぎには注意しましょう。洗顔をしすぎてしまうと、必要な皮脂まで落としてしまうので乾燥の原因となるわけです。乾燥すると毛穴が詰まりやすいですから、余計にニキビを悪化させてしまうわけですね。

また、オイルクレンジングを使っている人も気を付けてください。皮脂でベトベトの肌に油を塗ってしまうと、ニキビが酷くなる可能性があります。なので、油の少ないクレンジングを使用してください。

紫外線の対策をする

先述したとおり、紫外線を浴びるとニキビが悪化してしまいます。ですから、日焼け対策は万全にしておく必要がありますね。夏だけにしか日焼け止めクリームを使わない人が多いですが、紫外線はいつの季節にも発生しています。

曇りの日でも紫外線量が意外と多いので、常に日傘やサングラスなどは携帯しておいてください。UVケア用品はたくさんありますから、使ってみると良いでしょう。

肌の保湿をする

肌が乾燥してしまわないように、保湿はマメに行ってください。化粧水を選ぶときには、保湿成分が入っているかをチェックしないといけません。特に、セラミドやヒアルロン酸などには、強力な保湿力があります。

また、「ビタミンC誘導体」には皮脂を抑える働きがあるので、こちらもチェックしてみると良いでしょう。ニキビ専用の保湿液などもありますから、そういったものも試してみると良いかもしれないですね。

栄養補給をする

ニキビ予防には、ビタミン類を多く摂ることが大切です。なので、野菜などを多めに食べることを心掛けたいですね。

  • ビタミンA :毛穴の詰まりを解消する
  • ビタミンB2:皮脂の分泌を抑える
  • ビタミンB6:新陳代謝を促して肌を再生する

上記の3つのビタミンを摂取すれば、ニキビ予防に効果があるでしょう。ビタミンAを含む食品としては、ニンジンやホウレン草、カボチャなどがあります。ビタミンB2は、卵や乳製品に多く含まれています。そして、ビタミンB6に関しては、マグロやカツオなどに多いですね。

水分を補給する

ニキビがなかなか治らない場合は、血液がドロドロになっているかもしれません。血中の老廃物が多くなると、皮膚の抵抗力が低下してニキビが出やすくなります。なので、体内の循環を良くして、老廃物を排出できるようにしましょう。

そのために、水分補給をマメに行ってください。1日に2リットル以上の水を飲むことで、老廃物を尿と一緒に排出することができます。デトックス効果を得るためにも、水は多めに飲むということが大切だといえます。

十分な睡眠をとる

睡眠中には、成長ホルモンが分泌されています。これによって、肌細胞の修復や再生が行われているわけですね。特に、22~2時の間はゴールデンタイムと呼ばれ、成長ホルモンの分泌が多くなる時間帯です。

なので、早寝早起きを心掛けることで、ニキビが治りやすくなります。また、ストレスを溜めないことにもなりますから、ニキビ予防にも効果的です。

以上、大人ニキビの原因と予防法について解説をしました。ニキビは一度できると、しつこく何度も出てきます。なので、原因を解消することで、根本からニキビを治すことができるようにしましょう。

photo credit: bride with a mirror

 - スキンケア, 美容